TFCC損傷とは

TFCC障害最後に紹介するのは、交通事故によって発生する可能性がある障害の1つである、TFCC障害についてです。このTFCC障害というのは、簡単にいえば手首に発生する怪我の一種であり、可動域に対する制限が残ってしまう場合については10級や12級の後遺障害等級として認定される可能性があります。また、神経症状としての痛みが残る場合については、12級や14級として認定される可能性があります。それでは、より具体的にどのような症状であるのかについて紹介します。

TFCC損傷のTFCCというのは、三角線維軟骨複合体の略称のことです。これは骨ではなく、靭帯などの性質に近い軟部組織となっているのが特徴です。幾つかの小さな組織が組み合わさることによって形成されるものであり、主に手首の外側に発生することになる衝撃を吸収するのが役割のものとなっています。

 

TFCCとは,腕の骨(尺骨や橈骨)と手指の骨(手根骨)の間の小指側にある三角の形状をした組織のことです。日本語では「三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)」といいます。この組織は,肘の靭帯や膝の半月板と同じように骨ではありません。いくつかの靭帯や軟骨が組み合わさった軟部組織の総称になります。

TFCCの役割は,手首の滑らかな運動を実現するためのベアリングのような働きや,手首の外側の衝撃を吸収するようなサスペンションのような働きをすることです。TFCCがあることにより,手首は安定的に保持され,人間は手首を複雑に動かすことができるのです。

 

TFCC損傷が起こってしまっている場合、腕を回した時などに手首の小指側に痛みや張れが発生する可能性があります。また、カチっというような音を伴う痛みが発生する可能性があります。この障害は骨ではなく軟部組織によるものであるため、X線に映らないのが難しいポイントとなっています。

1級障害

交通事故によって発生しうる後遺障害として、次に紹介するのは14級とは逆に、最も重い障害等級である1級についてです。この一級については他の級とは違い1から6までの号数が設定されており、それぞれについて内容が明確に設定されているのが特徴となっています。それでは、簡単にそれぞれの障害の内容について紹介します。

それぞれの障害1号として設定されているのが、両目の失明です。これについては、眼球自体の亡失がある場合だけでなく、明暗の判別程度しか不可能になっているものも含まれます。2号と設定されているのは、咀嚼や言語の機能が喪失してしまっている場合についてです。四種の子音がある内、三種以上が発音できなくなってしまっている場合についてこれが該当します。三号は両上肢を肘関節以上で失っている場合、四号は両上肢が機能しなくなっている場合です。

五号も同じく両下肢が膝関節以上で失われてしまっている場合、六号が機能しなくなってしまっている場合となっています。これらについては、労働能力の喪失率が100%であると判断されるようになっており、自賠責基準ですら3000万円という賠償金額が設定されるようになっている重度の障害ということになります。

14級障害

交通事故によって発生しうる障害として、最初に紹介するのは14級障害として認定される障害の内容についてです。この14級というのは、後遺障害認定の中でもっとも低い等級のものをさしています。それだけに小さい障害であることも多く見落としやすいものであるため、かえって見分けが難しいものもあります。それでは、実際に14級として認定されることになるのがどのような内容であるのかについて紹介します。

14級障害14級の障害として認められるものとして、最初に紹介するのはまぶたに対する欠損などの障害が残る場合についてです。まぶた自体の欠損が起こってしまっている場合だけでなく、まつげのはげ症状などが発生してしまっている場合についても14級の障害として認められることになります。

さらに、14級として認められるものとして、上肢や下肢などにおいて、手のひら程度の大きさの跡が残るというものもふくまれていまず。さらにコレ以外にも神経障害が残っている場合などについても14級として認められる可能性があります。特に神経障害については外部から見てわからないものであるということもあって見落とされやすいものであるため、注意して診断を受ける必要があるでしょう。