14級障害

交通事故によって発生しうる障害として、最初に紹介するのは14級障害として認定される障害の内容についてです。この14級というのは、後遺障害認定の中でもっとも低い等級のものをさしています。それだけに小さい障害であることも多く見落としやすいものであるため、かえって見分けが難しいものもあります。それでは、実際に14級として認定されることになるのがどのような内容であるのかについて紹介します。

14級障害14級の障害として認められるものとして、最初に紹介するのはまぶたに対する欠損などの障害が残る場合についてです。まぶた自体の欠損が起こってしまっている場合だけでなく、まつげのはげ症状などが発生してしまっている場合についても14級の障害として認められることになります。

さらに、14級として認められるものとして、上肢や下肢などにおいて、手のひら程度の大きさの跡が残るというものもふくまれていまず。さらにコレ以外にも神経障害が残っている場合などについても14級として認められる可能性があります。特に神経障害については外部から見てわからないものであるということもあって見落とされやすいものであるため、注意して診断を受ける必要があるでしょう。